中国法律情報
ホームページ/中国法律情報

『外商投資産業指導目録』(2011年改正版)が発布

最近、国家発展委員会・商務部が『外商投資産業指導目録(2011年改正版)』を発布し、2012年1月30日から施行することになった。2007年に発布した『外商投資産業指導目録(2007年改正版)』はそれに伴って廃止することになる。
新しい『目録』は支持類の条目を増やし、制限類と禁止類の条目を減らし、一部の産業領域で外資の出資比率に対する制限も取り消した。
なお、新『目録』は先端製造業を外商投資を支持する重点領域西、外資が新技術・新工法・新材料・新摂理の使用、伝統産業の改造とグランドアップを促進している。外商がリサイクル経済への投資を支持するために、支持類に中古電器・電子製品、機電設備、電池の回収処理の条目を増やし手要る。また、新エネ自動車重要部品、IPv6に基づく次世代インターネットのシステム設備などの条目を増やした。自動車本機製造や多結晶シリコンや石炭化学工業などの条目を支持類から削除した。


Copyright©开炫律师事务所 苏ICP备11073829号 技术支持:无锡易诺达软件技术有限公司