中国法律情報
ホームページ/中国法律情報

証券会社役員就任資格管理弁法が改正へ

2012年2月10日に、中国証券監督管理委員会が『証券会社董事・監事と高級管理人員就任資格監督管理弁法(意見聴取案)』を発布し、意見を聴取している。
同意見徴収案は同弁法と『証券会社監督管理条例』(20086月施行)・『行政許可実施手順規定』(200912月施行)の中にある高級管理者に関する規定と合致しなく、つながりが整っていないことを解決した。
意見聴取案によれば、支店の責任者が高級管理人員の範囲から除かれ、それに関する就任資格条件については別に取り決める。証券会社の独立董事の就任学歴は大専(短大)までとされている。なお、高級管理者が子会社での兼任に対する制限も一部緩和され、証券会社の高級管理者が証券会社の全額出資子会社と持株子会社で董事と監事以外の規定職務に就任することが認められる見込みである。


Copyright©开炫律师事务所 苏ICP备11073829号 技术支持:无锡易诺达软件技术有限公司