中国法律情報
ホームページ/中国法律情報

最高人民法院は司法解釈を発布し、海上運送代理紛争審理を規範化する

3月18日に、最高人民法院が『最高人民法院:海上運送代理紛争案件の審理に係わる若干問題に関する規定』を発布した。この16条の司法解釈は2012年5月1日から施行することになった。
同司法解釈は主にフォワーダーがが委託を受けて海上運送に関係する運送代理事務を行う時に、委託者との間で形成された権利義務関係を調整するものだ。また、契約法が委託契約の規定に基づいて、海上運送代理契約紛争案件の審理で過失推定原則を取ることを同司法解釈が明確にした。


Copyright©开炫律师事务所 苏ICP备11073829号 技术支持:无锡易诺达软件技术有限公司